トラブルを避けるなら一括払い

トラブルを避けるなら車の個人間売買は一括払い

車を高く売りたい場合には、中古車販売店などに打ち込むよりも自分自身で買い手を見つけて売却する方がより高く売れる場合も少なくありません。
しかしこの場合には様々な手続きなどを個人間でやらなければいけないことになるため、非常に手間がかかることが多いものです。
特に注意しなければならないのはお金の受け渡しで、個人の場合には万が一相手が代金を払ってくれない場合にこれを徴収することが上手にできない場合も多くなります。
特に詐欺などに遭ってしまった場合には、これを回収するためにより多くの費用が必要になる場合も多く、トラブルとなってしまうことが多いものです。
車の個人売買は、代金と引き換えにする事はもとより、一括払いにすることも重要です。
相手が分割を希望したからといって分割払いにすると、最初の1回目だけが支払われその後の代金が支払われないことも少なくありません。
特に見ず知らずの相手に車を売却するときには、この点に十分に注意をすることが必要です。

欲しい中古車の状態を確認するには、ここを見るべき

車の買い替えを検討するとき今はネットなどで近辺を検索し現物を見に行く方が多いのではないかと思います。
特に欲しい中古車の状態やどのように使われていたかが気になるところですが、販売店がディーラー、中古車専門店どちらにしても状態を確認することは重要です。
一般的にはディーラー系の販売店のほうが安心されますが、よっぽど怪しそうな販売店以外は中古専門店でもそれなりに良い物があります。
まずメンテナンスノートがあれば、それを確認しておおよそ修理・部品交換などの状況を把握します。
しかしメンテナンスノートが無い場合も含め、どちらにしても自分で目視確認をしましょう。
外観の傷・へこみなどは確認しやすいですが、問題はエンジン・足回り・下回り・電装品などを確認すれば安心できます。
エンジンルーム内はまず汚れ、砂埃やサビなどが極端な場合はメンテナンスされていないことが多く、エンジンを掛け暖機運転をしながら聞き慣れない異音や振動があれば避けたほうが無難です。
足回りを確認するには実走行してみるのが一番ですが、ナンバーがなければできないので装着されているタイヤホイールが極端な扁平タイヤ・派手な幅広ホイールであれば、荒く乗られていた可能性が大きくお勧めできません。
下回りは見にくいかもしれませんが実際に目視で錆・油などの付着などを確認、電装品はパワーウインドーやサイドミラーその他を実際に動かしてスムーズさを確認します。

著者:小谷野敬子

熊本県熊本市生まれ。大の車好き。車の個人間売買に関する記事を書いています。